今日は、百人一首 第44番歌をお届けします。



あふことの たえてしなくは なかなかに
  人をも身をも 恨みざらまし
           ――中納言(藤原)朝忠  「拾遺和歌集」


<直訳>
会って契りを結ぶ(ぶっちゃけると、Hする)ことがなかったならば、
かえって、他人も自分もこんなに恨むことはなかっただろうになぁ


意味がわからないと困るので一応の解説。

作者は、実際に女性と会って契りを結んだわけだが、
そのことでいっそう恋心は増したが、一方の相手は冷めている。
そんな相手もそうだが、その相手に恋心を抱く自分自身も恨めしく思うのだ。



<恒例のhの実情にあわせた意訳>
会うことがなかったならば、縁がなかったのだから、
最初から恋心も抱かなかっただろう。

だけど、あなたとお会いしてからは、
自分があなたと付き合っていくのに、釣り合うようにしようと、
努力しようとしているのに、わかってくれず結局は結果でしか見てくれない。

そんな相手に同情なんか買ってほしくもないし、求めようとはしていないが、
自分の能力・才能・地位・身分などの程度の低さを改めて認識させられて、
「どうして自分はこんな程度なんだ」と恨みがましく思ってしまうことよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック