私の家系は複雑で、誰の子が誰であるって、
親戚を把握することが、この歳でもまだできていないほど。


それだけ親戚が多いと、いろいろあるワケで。
著名なマンガ作者のアシやっている人、救急病院の看護師、
自殺した人、結婚式直前で破局された人、別居中の家庭。etc・・・



ウチは毎年正月2日には父方の、
3日には母方の実家に集まるという恒例行事があるんですが、
今年の3日は「○○(従弟)の前で、義叔父の話を出すな」という、
かん口令ではないけれど、暗黙のルールが出されました。

自分の中では、
「単身赴任先から正月に帰ってこられなかったのか」と、
「従弟はどれだけ義叔父好きやねん」という感じで思っていました。

まぁ、私は叔母の子・姉弟がはっきり言って嫌いで
(嫌いというかワガママな言動にイライラするから一緒にいたくない)、
そもそも直接話すことなんてないから、かん口令が出たところで、
上に書いた、思ったこと以上のことは考えもせず、正直どうでもよかった。



で、正月3日は何事も無く終わって、
話は昨日になるのですが、たまたま祖母のことから、
その叔母の家庭の話になったんです。

「○○(従弟)が二十歳になったら、お金がなー・・・」

え、どういうこと?
なに、その含みのある言い方。

「いや、ほら、養育費が・・・」

は? 養育費って?
え? なに、ただの単身赴任じゃないってことなの?

そこからいろいろ話が繋がって、mjsk状態。
父親は、「あそこは2人ともAB型だからなぁ」と、
何の根拠も無い自論を展開しておりました。


いつも思うことは別居・離婚したところで、
本人同士はいいかもしれないけれど、
子どもは振り回されて本当に可哀想。
それでいて頼れる親が、どっちかいなくなるわけだし。

そう思ったら、嫌いだけど、同情くらいはしてやろうと思えた。


ワガママ放題、放任状態で育っているので、
確かに養育費があと数年で終わることになるなら、
誰かが負担をしないといけなくなるワケで。

そうするとスポンサーは誰か、ということで、
上の「二十歳になったら・・・」のくだりになるワケですね。
甘い汁を吸い尽くしていくんじゃないかと。


本当にそういうのを巻き込んで欲しくないなと思います。
どこかでそういうことは人間だからあるだろうけれど、
意外と身近に起こっているものだから、結構迷惑。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック