日本でハイブリッド(HV)車の先駆けとなったのは、
言わずともトヨタのプリウスであろう。
いまでは、プリウスの他にも、低価格帯でアクア、
高級車としてクラウンにもハイブリッド仕様がある。
またHondaなどからもインサイトやCR-Zが市場に出ている。


2代目プリウスの平均燃費は約25km/Lである。
実際に乗っているので、大体このくらいの値が目安だろうか。
もちろん空調をつけると、数字は一気に悪くなる。
燃費にこだわろうと思うと、季節に応じて服装も重要になる。


最近の車について思うことは、
タコメータが搭載されていない車が増えたということである。
タコメータが何物かわからない人にとっては、
きっとオートマチック車で必要のない装備であるから、
それはいいのだけれども、マニュアルトランスミッション車にも、
タコメータがないことにはレンタカーに乗った際に驚いた。

運転する以上、エンストは避けたいものであるが、
マニュアル車にタコメータがないと、
半クラッチを音で判断するしかないのである。
まぁ、別にそれでも何とかなるからいいんだけど、
ノック(=ガッコンガッコン)させてしまわないかと少し不安である。


話をプリウスに戻そう。ハイブリッド車全般に言えることであろうが、
低速走行時は主に電気系統で、
高速走行や力の必要な時はエンジン系統で走行する。

ということは、比較的低速走行中心で馬力を要しない環境だと、
ものすごく良いパフォーマンスをしてくれるわけである。



では、普段は街乗りしかしないけど、たまに高速道路を使う。
または街乗りがメインだけど、急な坂道が多いときはどうだろうか。


坂道に至っては、大型商業施設の立体駐車場の勾配ですら、
アクセルをべた踏みしても、それほど速度は出ない。
しかも、エンジンを動かすのでガソリンは食う。
まあ安全といえばそうなのだが、後ろが気になる。

また高速道路では法定速度(60~100km/h)で走ろうと思うと、
電気だけでその速度まで持っていくのは難しい
(60km/hくらいでの速度維持なら電気だけでもできる)。

信号待ちで交差点を発進する場合もそうだが、早く流れに乗りたいがために、
急加速するときにも、エンジンを動かす必要がある。
私のようなじわじわと加速するような車は、
後続のガソリン車にとっては、なんとのろまな車かと思われているだろう。

別に私がそのような加速をしたくてしているわけではない。
ハイブリッド車で燃費という数字にこだわると、
急発進・急停車はできないのである。できるだけ電気で走りたいから。

マーク2やプレミオに乗っているときは、そこそこムチャができた。
それこそ高速の入口ではキックダウンもしたし、追い越しもした。
それでもタコメータの3(×1000rpm)を超えるような加速はしたくなかった
(CB400SFに乗っているときでも8000rpmが限界だった)。
そう思うと、やはり私の運転はのろいのだろうか・・・。


まぁ、まとめると、平地での普段乗り程度ならいい車ですよと。
スポーティな走りは少し方向性が違うかも(CR-Zがいいかな?)。

スポンサーサイト
テーマ:ハイブリッド車
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック