私の一押しの温泉は、岡山県にある「倉見温泉」です。
と思い出して、検索をかけてみたら現在休業中と。

確かに「こんな秘境に誰が来るねん」という場所なんですが
(中国道津山I.C.から30分くらい山の奥へ入っていく)、
仲居さんもいい人ですし、お食事も美味しいし、家族風呂あるし、
1部屋1部屋がコテージのように独立していて、
お風呂はラドン泉(アトピー性皮膚炎に効果あるらしい)。

彼女様とすごく開放的な気分を味わえました(意味深)



さて、今日のTVでひたすら温泉についてやっておりましたが、
硫化水素H2Sは非常に危険な気体の1つです。
なんや数年前に硫化水素自殺が流行りましたね。

血圧を下げる効能があるとはいえ「六一〇ハップ」は、
自殺者が増えてしまったために販売終了している
(化学の薬品庫には少量だけ残っている)。

硫黄泉の代わりに炭酸泉を勧めるなら、
最初から重曹あたりをお風呂に入れておけばいいだけの話で。
発泡性の入浴剤買うより手っ取り早いし、安い。


で、その番組で一番ひどいなと思ったのは、
硫化水素が溶けた温泉(硫黄泉)で、
「ロッカーのキーが黒くなるほどの硫黄の力」っていうんですけど、
そこまではいい、まぁ適当に聞き流していたんですが、

「硫化水素によって酸化されてしまったカギ」

それを聞いた私は、アホかと思いました。
一応、化学を教えてご飯食べてますし。
硫化水素は還元剤だと。相手を還元するはたらきがある。
黒くなったのは、硫化物が付着して色が変わっているだけだと。


さらっと流れたので、何も疑わない人がいると思いますが、
正しい知識というのは自分で得て、解釈するモノだと思いました。
スポンサーサイト
テーマ:温泉
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック