中原 現和泉高校校長(42)、次期府教委教育長を受諾。
民間からの最年少校長である中原氏。
といっても、所詮は某市長のお友達人事。

ますます、府で教員になろうとする人材が減ると予想される。
意識高い(笑)学生ほどバカを見るようになるんじゃないかな。



まぁ、そんなこんなで、ウチにも波乱の幕開けがやってきました。

公立の教員には、「自己申告表」というモノを書かされます。
私立もやっているのかもしれませんが、私立の実態は知りません。
年度頭には、当年度の目標設定(A4 2枚)を書き、
年度終わりには、その達成度を書く。

それを基に管理職と面談するワケですが、
最近はこの自己申告表を基に、給与に反映させようと。
だけど、日本人にこの制度は馴染まないと思うんですよね。

まぁ、とある教育委員会ではSSからDまでの6段階評価。
しかも各評価には比率が決められている。
なので、少なからず誰かはDを付けられてしまう。
その最低のD評価を2年連続付けられた先生は分限と。


日本人は自分がいくらよく出来たと思っても控えめになるでしょう?
「謙遜することこそ美徳」と考えられている日本では、
それをわかった上で、管理職も評価するべきで。

何が言いたいかというと、管理職は授業も見に来ない、
地域のためにあれこれしろというけど、自分は何もしない。
で、自己申告表を見ただけの額面通りの評価しかできない。
ksな管理職だと、自分の頑張りが割に合わなくなる。

そういう流れで来て、給料(基本給)が来年から下がるのだ。
1年に1回昇給するはずが上がらない。
基本給が下がるから、以前からカットされている分に加えて、
期末勤勉手当の支給額も当然減少。


じゃあ、自己申告表は盛って表記すべきだったのか。
それじゃあ、バカが得するだけじゃん。
管理職より高い評価とかどういうことなんだよ。。。

誰がそんなところではたらくの。モチベーション維持になるか?

何でもかんでも、民間に合わせろとか、格差とか言うけど、
そら民間と違うだろうよ。こっちは専門職として、
それなりにプロだと思ってやってるんだから。

当然プロだからこそ、ある程度の覚悟はしてるさ。
不祥事ばかり取り沙汰されるけど、あんな教師とは比較されたくない。


とまぁ、ここまでは父親の話なんだけど、
私にとったら、それは、1年でも早く教採に通ること、
そして結婚することで、両親に安心させてあげなければならない、
と迫られることになったのです。。。
スポンサーサイト
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック