ソフトボール部の顧問を始めて2年になるのですが、
まぁ、自分があれこれ言える立場ではないんで、
どこまで言えるかわかりませんが。


2年間で感じたことは、成長の早い遅いはやっぱりある。
こればっかりはどうしようもない。
センスといってしまえばそれまでだが、
その言葉で片付けるのも勿体ない。

どんな子でもいいところがあるって見抜くのも指導する側の力量。
肩がいいとか体格がいいとか。
こればっかりは生まれ持ったモノだから、
なんかしたきっかけで見つかったりする。


なんで打てないのかなーと思ったら、
2年目で、こいつ腕細いなオイって気付いたり。
一番ちびこいヤツより細いってどうなってんだ。
あと、何でそんなグリップの握りなんだよ。


女子相手じゃ、考えで共有できない部分があるので、
どうしたらいいかわからないけど、今こいつ悩んでるなとか。
オトコか、オトコなのかと(私が)錯乱する時もあるけど、
チームなんだから誰かに相談するなどして、
どうにかして壁を乗り越えてほしい。


まぁ、今日は日曜日だけど、サンスポが無かったので、
練習試合に行って思ったことを書いてみました。
スポンサーサイト
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック