JSA(日ソ)公認審判員3種(府県レベル)を持っているんですが、
まぁ練習試合がある時はだいたい球審をしています。
ボスが審判を「せっかくの機会だから」してこいと。


まぁストライクゾーンがなかなか難しい。
ベースにほんの少しでもかすればストライク
(当然高さは脇の下から膝の上までだが)。
それと、塁上のタッチプレーも難しいですね。

で、いつも何かしら、ややこしいプレーが起こるんですよ。
まぁ、そういう意味でも練習なのかなと。
いまだにDP(Designed Player:指名打者)と
FP(Flex Player:以前はDEFOといっていた)の
ルールがあいまいなので、DP違反の問題は鬼門です。


DPについてはまたの機会にして、今回は打撃について。

打ったボールに打者のバットが触れた場合。

1. アウトでない
フェア地域で、バットに球が触れた場合、ボールデッド。
両足とも打者席(バッターズボックス)に入っていれば、
打者はアウトでなくファウルである(いわゆる「二度打ち」)。

2. アウトでない
打者が手放して転がっているバットに、球が偶然に当った場合、
打者はアウトにはならず、球がファウルラインを越えるまでは、
フェアボール(つまりボールインプレー)である。

3.
アウトとなる
フェア地域で、打球へバットから当たった場合は、
守備妨害としてボールデッド、アウトである。

4. ファウルボールである
ファウル地域で、球がバットに当った場合はファウルボールである
(ファウルなので当然ボールデッドである)。


これだけでもなかなか難しい。うーん
スポンサーサイト
テーマ:ソフトボール
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック