自民党の馳浩衆議院議員は、性同一性障害者の性別の取扱い、
性の不一致からのいじめ防止の法律化に中心的に取り組んでいる。
          ―「性的マイノリティに対するいじめ対策について要望」より


私は、高校生のときからあだ名が「BL」だったし、
いまでもノンケよりのバイセクっていう中途半端な立場。
いい人がいれば、同性でも付き合うことも考えられなくはない。

高校生の頃から、BLモノは普通に読んでたし、
同性が好きになったりで、周りからはからかい半分で
「BL」って呼ばれていたけど、
別に間違っていたわけでもないから、それでよかった。
いまでも高校の知り合いはそのネタを持ち出すし。

大学生になって異性と付き合うと、激しく嫌悪感を持たれた。

「同性好きになるって、浮気する確率が2倍なんでしょ?」

ただの嫉妬心から出たんだろうという言葉とは言え、
自分が否定されたようで、それは辛かった。
これまで持っていた有名乙女ゲーの小説とかは、
すべて二束三文で売却して処分することとなった。



院生になってから、MtFの方の公演をきいたり、
また新聞記事で知ったビアンの方と直接対談したりと、
私は結構、LGBT(セクシャルマイノリティ)に関しては、
積極的に突っ込んでいます。

私は全然偏見を持っていないから、
いじめがどうとか思ってないんですよね。
しれっと普通に同性好きですが何か?とか言ってる。
どう思われようと、自分は変えられないから仕方ないし。


でも、これは自分だけの話であって、人によって環境はまちまち。
同性愛者や性の不一致の人は多いらしいのだが、
中には気付かないっていう人もいるみたいなんだけど。

早くに気付いた場合、ずっと隠さなければならないストレスや、
勇気を出したものの悪い方に結果が出てしまったとき。
そんな時は自分でもどうしたらいいのかわからないと思う。


私はこれから子どもたちを引っ張っていく立場の人間だから、
最低、自分のクラスの中だけでもいいから偏見はなくしたい。

同性が好きでも、先天的/後天的な性の不一致でも、
周囲が受け止められるくらいの理解を持たせておきたい。

そのためなら、自分がノンケよりのバイセクと中途半端でも、
子どもに「身近にそういう人はいる」って知らしめたい。
それだけでも、ちょっとは変わってくるんじゃないかな。
スポンサーサイト
テーマ:GID-性同一性障害
ジャンル:心と身体
コメント
ん!?!?
前から気になっていたブロガーさんでしたが、すでに会ってた!?(笑)

んー・・・恥ずかしながら思い出せず・・・思わずコメントさせて頂きました。
2013/04/07(Sun) 20:44 | URL | あめ | 【編集
うふふ。2年前の夏に学内でお会いしてますよ。
ちょうど私が司書教諭の講習のために行ったときです。
2013/04/07(Sun) 21:06 | URL | hibiki | 【編集
うちが学生のとき・・・ってことですね。

う~ん・・・すいません(笑)
でも、お会いできているなら嬉しいこと限りなし!
2013/04/11(Thu) 21:07 | URL | あめ | 【編集
「あなたはなんでそんなにアクティビティーなのか」
いろいろ障壁があるだろうし、自分はそれが怖い。
それでも何か行動に移せる源って何でしょうかね。
という、生協学食内でのお話でした。

わざわざ貴女様のブログの記事(2011/08/17)にして下さって、
申し訳ないなーと思っていた時の頃です。
2013/04/11(Thu) 22:29 | URL | hibiki | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック