今日の朝日夕刊に、野球の審判についての記事がありました。
まずは3年間育成、2軍、そして1軍塁審、1軍球審と、
合計すると10年で一人前(1軍球審)になれるとある。

現在、高体連所属の私はソフト審判員3種ですが、
これから上級(2種、1種)と目指すのかはさておき、
それなりに公式の大会で審判しております。


周囲の人たちは、50代から退職された方が多いです。
そんな中、20代のペーペーが行くと、
それなりにちやほやされる(若い人が欲しいらしい)のですが、

・2時間くらい実戦を見ながら、審判の動きを解説
・プロテクターとか貸してくれたりする
・なんなら服とかのお下がりをくれる
・基本的にフレンドリーだけど、ダメなところはすぐ教えてくれる

プロ野球やMLBで魅せるジャッジではなく、
アマター amateur ですから、しっかりジャッジしろと言われます。

私も完全にルールを覚えているワケではないので
(特にグラウンドの塁間の長さなどなど)、
タイミングの際どい時には焦ります。

それでも見る視野を広げると見えることもあるのです。


立つ位置はどこですか?(塁審・球審ともに)
目線は打者のストライクゾーンですか?(球審のとき)

また審判の依頼が来ているので、その時にでもお話します。
スポンサーサイト
テーマ:ソフトボール
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック