仕事用にYシャツを買うんですが、
カッターシャツという言葉は、関西限定の言葉なんですね。

で、シャツを買うとボタンと一緒についてくるこれ。

カラーキーパー






ずっと使い道がわからないまま、ためていました。
というか、これの名前すら知りませんでした。

これの名前は、カラーステイまたはカラーキーパーといい、
シャツの襟をピンとさせたり、跳ね上がるのを防止したりする、
シャツの襟の裏側から入れる板だそうです。

言われてみてシャツの襟の裏側を見てみると、
なるほどこの板を入れるらしいポケットがあります。

でも入れるだけなので、洗濯したら取れそうですよね。
あと、襟にアイロン当てたら融けそうですよね。

ファッションとはいえ、なかなか使いどころが難しいですねぇ。
でも、使い道がわかってすごく納得したからいいとしましょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック