何故毎年、決まった時期に流星群が見られるのでしょうか。
答えは、地球が公転する軌道上に、
彗星や小惑星由来の塵などがある場所があって、
そこを地球が通過するからです。

というわけで私もちょっと流星をみたくなったので、
kansaicycle
河内長野まで車で行ってきました。


NIVITIMEさんでルートを調べると、
ひたすら外環(R170)を使えって出るんだけど、
結構時間がかかった。別のルートがありそう。


流星群自体は昨日が極大だったそうですが、
まぁ車止めて、ボンネットに横になってぼーっと見ていても、
5~6分に1つ流れる感じでした。

能勢だと、天の川まで見えるんだけど、
河内長野だとカシオペア座がはっきり見える程度ですね。
まぁそれでも北極星(2等星)が見えるんだから、まずまずです。
スポンサーサイト
テーマ:星・宇宙
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック