今日見た夢がすごく嬉しく、エキサイティングだったので。

ナイトスクープか何かに依頼したのでしょうか、
私が「一度でいいから、野球チームで打席に立ちたい」ということで、
地方球場に何と集まってくれたのが、
吉田義男監督をはじめとする阪神OBの方々。

阪神の白のユニフォームを着てベンチに入る。
これだけでも絶対に味わえないだろう雰囲気。
対戦相手もそこそこのチームで真剣勝負。


私は最初はベンチスタート。
そして0-0のスコアレスの状態で吉田監督が立ち上がり、
「代打20番」(適当に決められた)を告げる。
福本豊(阪急ブレーブスOB)の代打がまさかの自分www

足速い人に打たせた方がヒットになるだろうに。
慣れないヘルメットをかぶり、右打席へ。


結果は粘ってからの中安だった。
初めての1塁上。気持ちは二盗のため大きくリードを取る。
サインは「行けるならスタート」のサインだった。
しかし牽制球が投げられ、私は手から帰る。
普段では絶対にしない動きである。

緊張しすぎて、隠し玉とかされてないだろうかと変に疑いながら、
モーションを盗んでスタート。スライディングして二盗成功。


その後、バッテリーミスが出て三塁まで進んだ私。
次打者が続いて安打を放ち、私は決勝点を踏んだ。

これほどしびれる場面が人生であっただろうか。いやない。
これほど夢とわかっていても嬉しい夢があるだろうか。まずない。
夢のまた夢であって、まさに夢だったんだけど、いい夢だった。

草野球チームに入りたい。
スポンサーサイト
テーマ:阪神タイガース
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック