そういえば昨日の記事で、審判のことに触れていませんでした。


一死1、2塁(インフィールドフライが起こりうる状況)で、
打者が三遊間へポップフライを上げた。
これに球審がすかさず「インフィールドフライ」を宣告。

打者走者はこの時点でアウトとなる。
しかし、この打球をどの野手も捕球できずに、ポテン。
このとき、各走者は進塁できるか。



答え:できる(リタッチも不要)

まずインフィールドフライはボールインプレーです。
そして、インフィールドフライの存在意義は野手の故意落球により、
併殺(ダブルプレー)を取れてしまうという攻撃側の不利を取り除くものです。

ボールデッドになるなら、「インフィールドフライ イフフェア」が宣告され、
ファールゾーンに球が落ちたとき。
この打球を捕球すれば、当然打者はアウトとなるし、
捕球しなければ、ファールとなるだけです。


今回のケースは三遊間に上がった小フライです。
主審は「これは誰が見ても取れるだろうフライである」ということで、
「インフィールドフライ」を宣告します。塁審もこれに同調します。

だけど誰も取らなかったワケで、どうなるのか。

考え方を少し変えましょう。もしこれが外野フライなら?
悠々取れるであろう外野フライでも誰も取らなかったら、
走者はとにかく進塁しますよね。

まぁ「誰が見ても取れるだろう」打球ですから、
離塁していてもハーフウェイくらいまでしか行かないと思いますが。

ですからインフィールドフライも同じで、
落球したら危険を冒して進塁してもいいのです。

ちなみにインフィールドフライが成立した時点で、
フォースの状態でもなくなるので、走者をアウトにする場合は、
ボールを持った野手がタッチする必要があります
(送球して塁を踏むだけではアウトにできない)。
スポンサーサイト
テーマ:ソフトボール
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック