しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
 物や思ふと 人の問ふまで
               ――平兼盛  「拾遺和歌集」


<直訳>
隠していたけれど、顔色に出てしまったらしい。私の恋心が(倒置)。
「物思いをしているのか?」と人が聞いてくるくらいまでに。



・背景や文法など
天徳4(960)年、「天徳の内裏歌会(今の歌会始みたいなモン)」で、
決勝戦、「しのぶ恋」という村上天皇からのお題で発表された歌。
このお題を出した村上天皇は、叶わぬ恋をしていたらしい。


右方はこの平兼盛。同じく彼も、叶わぬ恋をしていたんだとか。
対する左方は、次の第41番歌の詠み手である壬生忠見。


勝負の結果はどうなったのか。
それはまた明日、第41番歌のこの部分で発表。




(<hの実情にあわせた意訳>は、明日のもほぼ同じような意味なので、まとめます)
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック