さて、先週に東京都渋谷区が同性カップルに対して、
これを婚姻と同等の扱いとする条例案を
3月の区議会に提出する、という旨の発表を行いました。

私個人としては、「渋谷区始まったな・・・」というスタンスです。


逆にこれに異議を唱える人は、日本国憲法第24条第1項にある、
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、
 夫婦が同等の権利を有することを基本として、
 相互の協力により、維持されなければならない。」

というモノを持ち出してくるだろう。

つまり、すべての法令・条例は、
日本国憲法に則って作成されたものであるから、
「両性の」「夫婦」という言葉に抵触するのではないか、
という意見ですね。


ここで困るのが、憲法の解釈によって違いが出ることです。

◆同性婚の否定派
「憲法でいう”夫婦”は、(生物学的な)男性と女性のこと」
⇒性転換手術を受け、籍も変えた場合は認める。

◆同性婚の肯定派
「憲法は、男女間での婚姻に限ったことであり、同性では明記されず、
そもそも同性婚については規定がないから関係ない。」
⇒日本国憲法の英訳を読めば、家父長制の是正(男女平等)を目的とし、
 それが同性婚について否定しているものではない<とも読める>。


私は、憲法を改正しろとか、9条ガーという点には、
一切触れる気もありませんのでお知りおきいただきたい。

千葉県にある夢の国内の午前0時に魔法が切れてしまう女性の城で、
同性の結婚式ができるようになった時にも、「さすが夢の国!」と思いました。

何が普通、とかいう考えや、固定観念をすぐには拭えず、
常軌を逸したモノ、「普通」ではないモノには、無視や除け者にしたり、
加虐したりするのが私たちの悪い点でもあるのですが、
まずはいま一度、考えさせられる石を投じたのが、
今回の渋谷区の条例案ではないかと考えております。

LGBTやセクシャルマイノリティについても、
関心がないということが、まずはいけないことなのでは。
スポンサーサイト
テーマ:同性愛・両性愛
ジャンル:恋愛
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック