私は「サンセベリア」と読む派なのですが、
学名が”Sansevieria trifasciata Prain.なので、
まぁどっちでもいいかな。私はラテン語読みの方が好き。

ラテン語は、文法が難しいそうですが・・・。
佐藤ケイ先生はラテン語ができるそうです。
先生の作品には、後書きで詳しくあるので、すごく楽しみに読んでおりました。



ホームセンターで投げ売られていたサンセベリアの子株を買い、
また「(多肉と同じように)増殖したいなー」と。

しかし、買った子株の根元からボロッと落ちてしまい、
最悪の手段、斑入りではなくなるものの、とりあえず再生優先。
葉を10cm程度でザクザク切って、切り口を乾燥させる。

そのまま、キレイな赤玉土(小)+バーミキュライト配合の浅い鉢に植える。
天地無用で、葉の上と下は間違えてはいけません。下を土に挿します。


そこでどこかに仕入れた情報として、
「挿した葉は水をやらずに3か月置く」とあったので、
それを実行したのですが、今日、3か月くらい経ったので、
「さてどないなったかね」と土から引き抜くと、何も変わってない。

「あー、失敗したかなー」と思って、
再度、先人の知恵を拝借するためと調べてみると、
「2週間くらい後から水やり」をすると書いてある。


そりゃあ、根が出るはずもないわ。
室内に入れているとはいえ、いまから水をやり始めてもダメそう。
まぁ春まで持つとは思えないので、温室作って発根だけでもできんかね・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック