私の耳はチープだ。
音がいいとか悪いとか、あまりわからない。
格付けテストで出てくる、ストラディバリウスと
練習用のヴァイオリンの音もほぼ同じに聞こえる。
その違いが値段の差なんだろうと思いますが、わかりません。

普通のMP3プレーヤーとハイレゾのウォークマンだと、
ハイレゾの方があまりトゲのない柔らかい感じがするかなぁ程度。
別に音楽が聴けたらいいじゃないって思う。
これが私についているやっすい耳です。


しかし、音にこだわり出すと、きりがないし、お金もかかるそうで。

私の周囲にある音楽関係のものは、
ロジクールの一番安いスピーカー、
カナル型イヤホンのEP-630ですかね。

イヤホンの選び方も「ナイスなイヤホン」で検索したら出てくる比較サイトで、
ドンシャリよりはフラットからカマボコ型が好きなので、その中から選択。


フィギュアスケートの羽生結弦選手もイヤホンをたくさん持っているようで、
中でも愛用しているのがSHURE製の「SE535LTD」。
他にも、自分の耳の形に合わせたイヤホンもあるとか。


ヨドバシカメラとかに行けば、イヤホンの視聴(?)もできますし、
日本橋にも「eイヤホン」というお店があります。



別にイヤホン本体の良し悪しの話をしたいワケじゃないのですが、
今日はカナル型イヤホンのイヤーピースについてです。

アレがよく取れてどっかいったりするのですが、
まぁ100均行ったら売ってますし、いっかなーと思うものの、
やっぱりどこかに行ってみつからなくなると、気になるモノです。


なんでそうなったかわからないですけど、
今日、耳栓についての評判を見ていたんです。
(たぶん、モンハンについて検索したら見つかったんだろう)

そうしていると、イヤーピースを耳栓で作って、
遮音性をよくしようというページを見つけました。

「なるほど、外からの音をシャットアウトして、音楽だけに集中する、
はー、よく考えたものだわー」と感心しておりました。

耳栓を買い、適当な長さに切り、ポンチで穴をあける。
お手製っていうのもそうだけれども、自分に合った耳栓を使えるので、
なかなかいい発想ですね。いやー、すごい。

私も、一時期チンチンジャラジャラしてた頃があって、
100均で耳栓買ってみたこともありましたが、あまり効果がなかったというか、
音が聞こえなくなると、自分の座っている台の音もわからなくなるんですよね。
映像見てても楽しいっちゃ楽しいけど、ね。
まぁ煙いし行かないことに越したことはないです。


話を戻しますが、遮音して音楽に集中するのはいいですね。
アルファー波でより良い睡眠を取るためとか。
でも、目覚ましの音が聞こえないのではないかという不安も残るかな。

まぁ、外に出ているときと、実家でアダルトサイトとか見ているときは、
使用してはいけないということは明白ですね。
前者は事故の原因にもなります。後者もある意味事故になりますかね。


でも、私は家で本気で集中したいときは、 アダルトDVDを再生して、
その音だけ拾って作業します。 全然興味はそっちにいかないのです。
ある意味作業用BGM。ガヤがある方が集中できます。


そういえば、ずいぶんと前に夜間の峠越えハイキングの際、
アダルトビデオ(DVDがまだない頃)の音をMDに取り込んで、
眠気をそらそうとしたヤツがいましたね。

でも私は、それを聞いていてもウトウトとなってしまって、
側溝に落ちるってこともありそうなくらい、どうでもいい音なんです。
スポンサーサイト
テーマ:イヤホン
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック