2008年ごろ、このブログで百人一首の記事を書いていた時期、
77番目の崇徳院(崇徳天皇)の和歌をとりあげたのですが、
いまになって、違うアプローチをしようかと思います。


落語に「崇徳院」という一席がありまして。
高津さん(高津宮)で、偶然出会った若旦那さんと
歳は十七、八の、水のたれるような娘のお話。


高津さんへ参詣した際、茶店で出会った二人。

お互い通じるものがあったが、本意なく別れるのが惜しいと、
娘が料紙に、崇徳院の「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の」と、
上の句だけ書いたものを若旦那に渡した、というものです。

それがどうしたと思うのですが、その和歌の下の句が、
「われても末に あはむとぞ思ふ」です。

文法や縁語とかは上のリンク先の記事に詳しく書いています。
上の句だけ書いてよこして、下の句がなぜないのか。
つまり、「いまここで別れたとしても、いつぞお会いできますよう」。


それからというもの、若旦那は恋の病(気煩い)に倒れ、
天井を眺めても、熊五郎(この落語の主役)の顔も、
仕舞いにはその娘の顔に見えるほど。


親の主人は、熊五郎にその娘を探してくるように告げる。
熊五郎は若旦那から「どこの誰だかわからない」といわれている。
手がかりは、この上の句の「瀬をはやみ~」だけ。

主人(旦那)は、日本人に違いないから大阪で探せ。
大阪がダメなら京、尾張へと道は通じているのだから、
どこでも探せるやろ。見つかった暁にはきっちり礼をする、と。

熊五郎が家に帰ると、嬶にその話をする。
日本人なら、大阪がダメなら神戸、岡山・広島と道は続いてる、と
主人と同じことを言われて、探し出すというもの。


安心して下さい。最後にはきちんとサゲ(オチ)があります。
米朝師匠の「崇徳院」、お聞きください。



スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック