京都を主に舞台としたミステリードラマの枠。
現在は「科捜研の女」(シーズン15)ですね。

過去には「おみやさん」(原作:石ノ森章太郎)や
「京都迷宮案内」、「京都地検の女」もありました。


で、まぁ今週も「科捜研の女」を見ていたワケですけど、
これがもうね、ネタバレはしないようにしますが、
事件に直接関与している登場人物がクソすぎて腹が立つ。

それでもストーリーは進み、最後は一人語りを聞いて番組が終わる。
なのに、何故かハンドタオル持ってる西田敏行局長状態の自分。


もう、アニソンですら泣くようになってきた自分はどこかで、
不安定で感情に流されやすくなっているのかなぁと思うワケです。

スポンサーサイト
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック