すごく偏見だけでお話ししますが、
どうして女子生徒の制服というのは売られるのでしょう。

私の元彼女様曰く、お嬢様系の女子校では、
卒業生が制服をヤ○○クで売ってる、とかなんとか。
制服のデザインが変わる前と変わった後では、
変わる前の方が人気だったとか。人気て・・・。

そんな元彼女様が「全国のJKに拡散したい」という内容が、
「大学生になっても使う機会はあるから制服は残しておけ」
・・・なんですが、何に使うんでしょうかねぇ。


文化祭で使う衣装として、どこぞの制服のレプリカ(これ大事)
所持しておりますが、同僚いわく、

「何でそんなん持ってるんですか?!」

「えー、女装仲間がくれたー」

まぁ、こんな適当な会話でも成り立つのが私の周囲。
ちなみに女装は、顔がどうもならんのでやめました。
せっかく、ファンデからチョークなどを揃えましたが。

どうせやるなら納得するまでやりたかったものの、
脚から腕の毛の処理が大変で、メイクでも輪郭を隠せず、
骨格がやはり男のそれなので、無理と悟りました。
もう、私は男の娘を愛でることで十分です。


さて、何でこんな話になったかというと、
新聞をペラペラとめくっていました折に、
「愛着のある制服を想い出のインテリアに」
という記事がありまして、なるほどこういうものもあるのかと。

そういえば、その前にも、イヌやネコの抜けた毛を集めて、
そのまんまのミニチュアを作る方がいることも知りまして。

ウチのイヌも、夏毛と冬毛はよく抜けたので、
そんなことも可能だったんですね。
でも、なかなか鼻にくるんで集めにくいですね。

まーウチのイヌはもう写真でしか残っていませんけどね


いろいろと面白いアイデアって出てくるものだなーと思います。
そういうアイデアがひらめく人って大事ですよね。
スポンサーサイト
テーマ:女装
ジャンル:サブカル
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック