最近、イヤホンを大切にしようとケースを買おうと思いまして、
ネットでAmazonなどあれやこれやと探していたんですが、
適当な安いポーチとかでいいのか悩んでいるうちに、
そういやCreative社製「EP-630」がそろそろ断線しそうだなー
となってしまい、イヤホン買おうかなーになりました。

で。昨年末の記事にTDKのアニソン向けに作られた、
デザインが厨二っぽいイヤホンを買った話をしましたが、
また衝動的に、EP-630系の外国仕様と思われる「EP-650」が
アウトレットで投げ売られていたのでポチりました。

早速聴いてみたものの、EP-650が上位互換なのかといわれても、
私の耳では、たぶん音の違いがわからないと思います。
日本で売っている630の後継となる「EP-660」でも気付かないかも。

ゆえに、低価格帯の低音重視ドンシャリ系で、
コスパ第一に考えるのであれば「EP-630」で十分です。



で、本題のイヤホンケースですが、ZERO AUDIOとオーテクの2つ購入。
ZERO AUDIOの方には、上のリンクの過去記事でも登場する、
ヨドバシカメラで石橋をピッケルで叩くくらいに視聴して選択した、
同じくZERO AUDIOの(ZH-BX500-DC)を開封して入れる。

一方の、オーディオテクニカの方には、どれを入れようかと。
TDKのアニソン用か、EP-650か・・・。


まぁ気分に合わせて変えることもあるだろうけど、
いくつもイヤホン持っても仕方ないんですよ。
クラシックとかじゃなくて、どうせ聴くのはアニソンだし。
どっち持ち歩こうかとなると、「やっぱりアニソンやな!」


ということで、イヤホンケースにはTDK入れたんですけどねー。
TH-NEC300は、前回の記事でも書いた通りカマボコ系なんですよ。

低音で攻めてくるEP-630で聴いた直後だと明らかに軽い感じ。
もちろん、中音域に強いとヴォーカルが聴きやすいんですが。


とりあえずの一本を2000円くらいの予算でお考えの方は、
ドラムなどの低音がお好きのな方はEP-630で、
ヴォーカルがメインやって方はTDKのTH-NEC系でおk

自分の好みの合わせて慎重に選択した方は、
eイヤホンさんかヨドバシなどの大型電気店で、
いくつか視聴できると思うので、それからでもよろしいかと。
スポンサーサイト
テーマ:イヤホン
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック