意識高い系の人が飲んでそうな水ってなんですかね。
私は子どもの頃、エビアンとかいうミネラルウォーターに、
なぜか憧れていました。普通の水道水と違うんや、と。
(クリスタルカイザー派ではなかった)

親戚関係をあたると、まだ井戸水を使っているところもあって、
水というのは、生活にかかわるものですからね。
毎年、水銀の検査を行っているそうです。


日本人の特性なんでしょうか、
こう何か取り上げられたものを崇め奉るのを。

ナントカ大事典とか、おもっくそテレビとかで、
「何かに効果がある」とか放送すると、
翌日には、スーパーから売り切れてなくなってしまう現象。

視聴者にとって、
プラスの内容(例:血圧が下がる)は、いい結果ばかり出る。
マイナスの内容(例:成績が悪くなった)は、悪い結果ばかり出る。


これで、へーと思うのはいいですが、「なぜそうなるのか」という
説明がないと信用しない方がいいのかなあ、とよく思います。

要は、マス・メディア側はいい結果だけ取り出すこともできるし、
逆に悪い結果ばかり選んで編集することもできてしまうからです。

「100人に聞きました」っていうアンケートをとったりすることもありますが、
どこの100人なのか、はっきり言わないことも多いですよね。

まあ、心が汚れているし、根性がねじ曲がっているので、
こんなどうでもいい内容に、本気でツッコミに走っているわけです。



【ここから全く裏付けのない偽りを書きます】

いやー、最近、水素水っていうのが流行っているみたいですね。
私なんか単に浄水器つけるだけしかしていませんが、
海洋深層水とかアルカリイオン水とかもあるし、
TVやネットでもちょくちょく言葉が見ているので、
ちょっとどんなんか興味があります。

そういえば、最近、過酸化水素水というのを見つけたんですが、
これも、切り傷の消毒にも使えるし、最近、
話題の「活性酸素」の1つになっているんですよ。

科学畑の人間として恥ずかしいのですが、
活性酸素にも種類があって、一重項酸素、ヒドロキシラジカル、
スーパーオキシドアニオンラジカルとかの仲間、
ってことまではわかっているんですが、
電子の動きまでは専門分野ではないのでわからないです。

まぁそんな感じなので、ただの「水素水」って書いているものより、
「過酸化水素水」って書いてある方が、効果あるみたいですよ。

だって、水素って軽い気体が溶け込んでるだけですし。
それなら過酸化水素が含まれている方がいいですよ。
なんで、これから「過酸化水素水」が来ると思いますよ、私は。


【偽りの記述ここまで】


はい、さすがに過酸化水素水、すなわちオキシドール、
消毒液の原料ですが、これを飲む目的で買うことはないと思います。

しかし、途中で本当の内容を入れています。

・「消毒にも使える」
・「活性酸素」のひとつである

活性酸素は体内で老化や癌の原因となりうるものです。
(しかし、プラスの面もありますので、絶対要らないとは言えません)。

で、後はいいようにそれっぽく説明すると、
なんかいいようにしか見えなくなってしまうんですね。

たとえば、DHMOという有名な物質の話もそうです。
(検索して上の方に来ていたサイトのリンクを置いておきます)


まぁ、健康番組とか見ていると、結局のところは、
「好き嫌いせずいろんなものをバランスよく食べよう」
というところに落ち着きます。
毎日同じものばかり食べるのもきついですからね。
スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック