入道摂政まかりたりけるに、門を遅く開けければ、
立ちわづらひぬと言ひ入れて侍ければ

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
 いかに久しき ものとかは知る

               ――右大将道綱母  「拾遺和歌集」


<直訳>
入道摂政(藤原兼家)がいらしたときに、
門をなかなか開けずに、ゆっくりと開けたところ、
「立ち疲れてしまったよ」と言って入ってきましたので

私の元に通ってきてくれないことが悲しくて、
嘆きながら一人で眠る夜が、明けるまでの間、
どれほど長いことかあなたは知っているでしょうか。
いや、知らないでしょう(反語)。



・文法や背景など
「かは」は反語を表す係助詞。結びの語は「知る(連体形)」。


作者の右大将道綱母は「蜻蛉日記」の作者です。
夫の藤原兼家が自分以外の女のもとに通っていることを知り、
兼家が通ってきたときに門を明けなかったときに詠んだ歌。


「蜻蛉日記」での本文はこちら。
二三日ばかりありて、暁方に門をたたく時あり。
さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしき所にものしたり。
つとめて、「なほもあらじ」と思ひて、

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
 いかに久しき ものとかは知る




この現代語訳です。

2、3日ほどして、明け頃に門をたたかれることがあった。
「兼家がきたんだな」と思うと不愉快で、門を開けさせなかったところ、
件の家と思われるところに通っていった。

翌朝、「このままでは済ませられないわ」と思ったので、

(以下略。上記<直訳>を参照ください)


と詠んで、兼家に送ったそうな。



<hの実情に合わせた意訳>
あなたと連絡が取れない期間は、
怒っているときか、気分が沈んで合わせる顔もないとき。

確かに、連絡が取れないときは悲しいものです。
私がそうなのですから、あなたも同じ気持ちになるでしょう。

しかし、あなたとは釣り合わない人間であることが悲しくて。
どうしてもあなたを引き止めたいから、無理にでも就活をして。
それでいて、人間が未熟だからと毎度毎度面接で落とされて。

こんなことを考え出すととまらなくなって、
いつの間にやら泣きたくなって、泣くのも止まらなくなる。
そんなとき、眠るまでにどれほど辛い気持ちが続くか。

こんな気持ち、あなたは知っていますか。
いいえ、知らないでしょうね。

だって、私は悔しくてひと言も口に出していないのですから。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック