というニコニコ大百科の記事があるのですが、
まずは、イチロー選手が日米通算安打数4,257本に伸ばした件。
通算ということで、ケチつけようとする人もいるらしいですが、
「MLB(メジャー)≫NPB(日本プロ野球)」と思っているのでしょう。
「すげえもんは、すげえ」でええじゃないか?

実際、イチロー、ローズ氏、張さんの成績を並べて見れば、
打率では、イチローが二人よりも高いようだし。


仮にずっとNPBにいた場合、試合数がMLBより少ないなどの理由で
そこまでの数字が出せたのか、そういう考え方もありますね。

記者会見でも「NPBで4,257本打てる選手を見たい」と言っていました。
確かにそんなバッター出てきたら面白いと思います。
それくらいの選手が出てきてもおかしくないですしね。


3割バッターは、その数字だけでもすごいと思いますよね。

しかし、3割打とうと思うと、残りの7割の打席は凡退です。
10回打席に立って3回は安打にすることは、そう容易くはないでしょう。

「3本の安打を打つのに、7回の凡打を自ら受け入れる」
というような内容をよくききますが、
「4,000本のヒットを打つのに、8,000回は凡打」
イチローも言っていました(12,000打数の3割ですよ?:念のため)。

いかに自分の失敗を次に活かすか、という考えですよね。
私のような神様に与えらし才能の種が芽生えない人間(ネタ元)でも、
パーフェクトな人なんかいないと思えば、何か少しくらい失敗しても、
10回で3あればいいのだから、次に挑戦してみようかな、と考えたら、
失敗して嫌になった自分をスッと受け入れられるんちゃうかと。

しかも、イチロー(鈴木一朗)はオリックスのドラフト4位で入団。
そのころの阪神のドラフト上位なんてほとんど活躍できてないですよ。
チームでも「オールスター前後でもう今年終わった」が何年続いたか。
やはり、スカウトの見る目が大切なのかなとしみじみ感じます。


最後に、阪神の話で終わりますが、
「超変革」のタイガース、若手の競争で誰が活躍するかが楽しみです。
5月の月間MVP受賞の原口捕手が大きいですね。

育成選手→支配下登録→即1軍合流(山田コーチのユニ使用)
チャンスを生かすも殺すも、大きな分かれ目ですね。
スポンサーサイト
テーマ:高校野球
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック