今年も早々と終ろうとしています。

さて、梅を酒に漬けてから半年ばかり経過したので、
梅の実を取り出そうと思ったのですが、
「12か月間(1年間)まで入れておいてもいい」、
としているレシピもあり、まだ昨年以前の梅酒もあるので、
そのまま継続して漬けておくことにしました。


以前の梅酒作りは2015年と2013年の2回行い、
2013年については詳しくこのブログでも記事にしています。


今年は果実酒用ビンがもういっぱいで、
しばらくは作らなくてもいいかなぁ、という量になりました。
梅の重さにして6kg分の梅酒(6升)を作ったことになります。

来年以降はたぶん消費するだけだと思います。
そして、泡盛はどんどん熟成させていこうと思います。

しかし、これまでに量産した梅酒をどこに保存するかです。
梅酒らべる






果実酒用ビンの空きがないので、13年(日本酒)と15年(黒糖焼酎)は
100均で買ってきたガラス瓶に移して保存中。
今日、ビンにようやくラベルを貼ることにしました。

携帯(ガラケー)では、オートフォーカスが全然決まらなくて、
解像度も低いので、上のような情けない写真です。

テンプレ(ひな形)は、オレンジページさんのフリーラベルを利用しました。
梅酒は英語で、プラムワインらしいです。リカーでも通じる?そうな。

ちょっとオシャレ感を出そうとしたので、キチンと貼ったろ!と思ったのに、
やはりまっすぐに貼れず、私のクセが出てしまいました。
さらに付け足すなら、カメラの向きもおかしいですね。
スポンサーサイト
テーマ:焼酎
ジャンル:グルメ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック