部活動において、ソフトボールでノックを打つのですが、

内野ゴロなら「身体の正面で捕れ」
外野フライなら「1歩でも早く落下点に行って捕れ」

と、偉そうに言っていますが、
実際自分が数合わせで守備に回るとき、
一度もフライ(飛球)を捕れたことがありません。

今日にいたってはグラブに入らず、顔面直撃しちゃったよ。
歯は折れなかったけれど、唇から口腔内にかけて挫創。
口からポタポタと鮮血が。
殴り合いのケンカに負けたような感じですかね。


去る12月にも、休日にもかかわらず出勤して、
アイスボックスクッキーを作っている際に、
人差し指の一部を包丁で切ってしまいまして。
それから1か月は過ぎていますが、また同じ病院にお世話に。


アイスボックスクッキーの時は帰って即、外科で受診。
救急車呼ぶほどでもないけど、夜間救急できる病院を探すのに、
「#7119」に電話で聞き、候補に挙がった病院に電話かけまくり。
(#7119は大阪での病院情報を教えてくれる番号です)

何とか病院に行けて、麻酔して血管を焼いて止血して。
あの時は、麻酔の注射が一番痛かった気がした。
注射針を刺したところからグリッと回されたのが強烈。
健康診断の採血や献血の針では大丈夫なんですがねぇ。


今回は顔面ですからね。
ただでさえアレな顔なのに、さらに残念な顔になっていました。
しかしひょっとしたら縫合もあるやもしれん、
ということで外科の扱いだと思い、上の病院で再度受診。

で、こういう時に限って女医さんだったりするんですよ。
「あー、歯磨きしてから来れば良かった」
普段からの身だしなみに気を付けなければなりませんね。

でも血が止まらないと、何も飲めない食えないなんで、
背に腹は代えられませんでしたわ。

1週間ほどでまあ治るでしょう、とのこと。
2分くらいで終わって安心しました。(クッキーの時は1時間ほどかかりました)
スポンサーサイト
テーマ:部活
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック