某大学からの帰りの電車の中で、
「そういえば、プリンターないやん」と思い出した。

実家の複合機は大きすぎるし、写真も印刷できたらいいけど、
最悪コンビニとかでカラー印刷はできるよね。
コピーもそうだし、スキャナするほどのモノもない。

果たして複合機は一人住まいの「斜壊塵」に必要なのか。
白黒で紙を印刷する程度、年賀状も30枚くらい。

そこまでこだわる必要もなさそうなので、
価格コムで調べたこの機種に決定。
もう電車下りる前に決まってしまった。
なんか売れ筋1位らしいし。


帰宅直後、いつもの「唯一の関西資本の家電量販店」へ。
アウトレット価格で(税抜)6k切ってたんで、すぐ買いました。

brother、セイコーエプソンもありましたが、今回はキヤノン。
ウチの家系は、もう大手の製品を買っていれば間違いない、
ということでエプソンを選びそうなところを、キヤノン。

brotherは元彼女様が使用していたからパス。
性能は結構いいみたいなんですけどね。+ちょっと高い。


開封の儀は31日以降に執り行います。
しかし、向こうの部屋グチャグチャなんよねぇ。
ちょうど31日までの1割引のセールなんで、
替えのインク高いやろうし、先に買っておくかと思って、
インクコーナーに見に行ったら、純正カートリッジを
3つ買ったらプリンターの値段越えました。

インク高っけーよなー

そら、ゆかりん(田村ゆかり)がFAXのインクなくなったら、
新しいFAX買うってラジオで言ってたのもなんとなくわかるわ。
スポンサーサイト
テーマ:プリンター
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック