「人間は教育によって人間になる」という言葉がありますが、
誰がそれを言ったか、そんな教職教養のテスト(たぶんカント)。

大阪府の平成30年度教員採用試験の案内が発表されました。
募集枠は団塊世代が抜ける時期の半分くらいになりましたね。
その上、募集しない教科も出てきました(下記)。

高等学校:書道、美術、音楽など
高等部(特別支援学校):理科(物・地)、書道など


まぁ理科の化学はまだいけるのかもしれませんが、
化学以外にやったことがある、物理と地学が抜けると、
いよいよ採用試験危なくなってきたな、と思います。
まあでも、いま化学解けっていわれてもちょっと厳しいかな。
(中学校で受験するというのもあるけどね)


転職して1か月結構頑張った感はあるけど、
やはり最低賃金が100円ほど低いこともあって、
3月までもらっていた給料から、半分以上減りました。
無理やり野球の話で例えるなら、FAしたのはいいけど、
育成枠でしか入れなかった感じ。わかりにくいな。


グッと教員採用試験頑張らなアカンな、強く思いました。

面接では、この1年間はどういう経験になるのか、
なぜ会社辞めてまで大阪府の教員になろうと思ったのか、
この辺の説明ができないとまあダメでしょう。

人をしっかり見て話せるように鏡を買ってみました。
自分を見ながら話す練習方法。
「いい」と書いているサイトもあれば、そうでもないところも。

少ない時間を活かしていかなダメですが、
できるだけ毎日時間を作っておく必要がありますね。
スポンサーサイト
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック