一個人のたわごとです。

恋愛モノの作品において、
2人の間にずかずかと入り込んでくる男/女って何なん?
その設定要るのかな。昔のツレとか元恋人的な人。

スパイス的に必要なのもわかるけど、私には要らん。

だから、はじめてのギャル第9話は飛ばし飛ばしに確認して終了。
「見たくなければ見るな」を遵守。

次回、第10話(最終話)がどうなるかわからんけれども、
ジュンイチはDTのままでいいので、良いように終わらせて下さい。

たわごと終了。


婚活っていつまでやるもんなんでしょうかねー?
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
慣れない近道があっても、多少の回り道でも本道を行く。
そんな言葉もあるが、自分の人生において、
自分で遠回りしているような気がしてならない。

その遠回りが何かに結び付けばよいが、
どの道を選んでも、道草を食うだけならよいが、
少しずつ時間や何かを失っていく気がしてならず、
結局は真っ直ぐ目的地を目指した方が早く着きそうだった。


どこであったか、麻雀をしているとき、
「なぜ君は(和了りから)遠回りして打つんだ?」と言われた。

自分では気付かない。確かに流れも戦略もなく手なり。
といっても、何が最も和了がりの形に近いか、くらいは考える。

しかし、それが麻雀の基本形のピンヅモや断ヤオなのに、
違う手(とりあえずの聴牌・立直、役牌等)に向かう。
そのため、聴牌に近づくころにはもう終盤。

捨てた牌を見れば、ピンヅモにもできた「かもしれない」。
その可能性に、局が終わるまで一切気付かないもの。
それではツモ運が良い日でも勝てるはずもない。


麻雀の話から、規模を大きくすると、
人生ってヤツは、人によっては遠回りした方が損なのだということ。
人生に基本形もクソもないけど、猪突猛進もアリってこと。

確かに道がいかにぐにゃっと曲がっていても、それをこなし、
その場で得られるものを得て目標にたどり着く猛者もいる
(それが「普通」の人もいるが、私には猛者なのだ)。


一方、自分はそんな器用な生き方ができただろうか。
それは、麻雀の進め方が、自分の生き方と反映しているのでは。
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
劇場版「美男高校地球防衛部 LOVE! LOVE! LOVE!」を
他にやることはあったんですが、今日しか時間がなく京都で鑑賞。

二期(LOVE!! LOVE!!)を3話か4話までしか見ていないので、
どうなっているのか心配しましたが、杞憂でした。


内容は「裸」が55%くらい、「ラブメイキーン↑」が40%くらい、
「制服」5%くらいで、だいたいあってる。
これだけでもおおよその内容がわかるのでは。


2期第1話のOP後のクレジットで、
「これまで裸でない人がほとんど映っていない!」とかありましたが、
これに勝るとも劣らない「裸」

誰が好き好んで見るんだ「裸」。

まあ別にそれも悪くないよね「裸」。


上映後、明かりがついて出ていく人を見れば、
40代後半くらいの女性が2人くらいいた。
なかなか、この作品観る人の層が広いのだな。

でも、その回で見てた人、自分入れて7人くらいしかいなかったZE!
テーマ:アニメ
ジャンル:映画
nakunaru.jpg 

上のサムネイルではちょっと見にくいので、
クリックで画像を拡大してみていただければと思います。
めんどくせーっていう声もありそうなので文字に起こしますと、


楽天からのお知らせ (みなと)様へ なくなる前に!

そんな件名のメールが届きました。
楽天からガン保険を無料でお取り受け下さいとかメールがくるけど、
楽天から人生終了間近のお知らせ。しかもメールで。

あと何年生きられるかわからないですけど、
結婚できたら娘を育ててから死にたいと思う三十路過ぎ。
でも、突然死ぬことが起こる可能性はあるワケで。


そしてメールを開いてみたらお米の写真がいっぱい。
タイトルもよく見るとお米買いませんか、っていうだけのメール。


ちょっとドキッとしたけど、件名1つつけるのも大切ですね。
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
第3話からニコ動でトップにランクインしなくて見逃した、
うたプリ マジLoveレボリューションズ(第3期)を、
レンタルして観ているんですが、現在第4話。

一応、ネタバレしない程度にとどめますが、
藍ちゃんの秘密って、第2期(2000%)で出てませんでしたっけ?
しかも、春ちゃんはその現場にいたんじゃなかったかな。

しかし、うたプリは、やはりニコ動でコメントが流れる方、
誰か(いわゆる、お前ら)と一緒に見てる方が楽しいわ。
空耳とかツッコミとか入ってて。


先日、「劇場版 生徒会役員共」を観てきました。
アニメの方がぶっ飛んでて面白いかな、と思いました。
感想がこれくらいしかないというのも変ですが。


また、8月下旬に3週間限定で、
「美男高校地球防衛部」もなんか劇場版があるみたいで、
前売券買っちゃいました。また京都か大阪で観ます。




テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック
アニメも第2クール(夏アニメ)が放映されていますが、
諸兄姉の皆様はいかがでしょうか。


私は、アホガールのOPと蒼穹のファフナーのangelaよりも、
Webコミックからアニメになっている、
「スカートの中はケダモノでした」(←公式サイト)が一押し。
あら~的な内容ではないのが1話でわかりましたが、
恋愛モノが好きな私にとっては、結構愉しく観ています。

ウィッグで顎のラインを隠しても肩幅、脚、声がどうしようもなく、
私にとって、女装できる男性は羨望の眼差しです。

装いを変えて、本来の自分自身をアピールできるのは、
とても素敵なことじゃないかと思うのです。


その一方で、コミュ障の自分は「わかってほしい」ことが、
言い出せないし、態度にも出せないので相手に全く伝わらず、
そのまま自然消滅のように関係が終わっていきます。


まず素のままの自分を見て欲しいけど、
会話のキャッチボールをしていても、毎回毎回すっぽ抜け。


すっぽ抜けで思い出したのですが、
最近は本当にキャッチボールをしていても、
ボールを真っ直ぐに適当な加減で投げられなくなり、
球審をしているときなど、困っております。

そのため球審をする試合では、
ボールデッドラインを越えるファウルの時は
新しいボールを捕手に渡します。

簡単に「イップス」と言われると複雑な気持ちです。。
本当に一昨年くらいから急に投げられなくなりました。
何とかして治らないのかな・・・